出会いを正式に札幌では決定した

出会い27日ロイター]-シオノギ<4507.T>は27日、新たな風邪感染に対する予防ワクチンの開発を正式に決定したと発表した。

同社は14日、公的機関、学界、パートナー企業と協力して、治療薬の開発、ワクチンの開発、抗体検査キットの提供を行っていることを発表した。

出会いの開発については、塩野義製薬のグループ会社であるUMNファーマが、3月から医療研究開発機構の研究開発課題である「新風邪感染症のワクチン開発に関する研究」からスタートします。このプロジェクトに参加し、UMNファーマが保有する組換えタンパク質抗原の生産を進めています。

今回は、この出会いの開発を、風邪感染症の新しい治療薬の作成、非臨床試験および臨床試験への迅速な移行を可能にし、1,000万人の提供を可能にする規模の優先プロジェクトの1つとして位置づけました。 。アップの検討を開始できるように、取り組みを加速することにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です